ブログ

きららブログ

記事一覧

2020.7.2 歯周病と全身の病気とのかかわり

2020.7.2 歯周病と全身の病気とのかかわり

 

だんだん暑い日が続くようになり、夏が近づいてきました。

コロナウイルスの対策だけでなく、熱中症の対策もしっかり行ってくださいね。

 

今回は歯周病と全身の病気の関りについてお話します。

 

歯周病は「お口だけの病気」と思っていませんか?

実は、様々な研究の結果、歯周病は全身の病気と大きなかかわりをもっていることがわかっています。

歯周病と関わりのある全身の病気には、脳梗塞・認知症、動脈硬化、心内膜炎・心筋梗塞、肺炎、骨粗しょう症、肥満、糖尿病、がん、早産・低体

>続きを読む

2020.6.1 歯の構造と虫歯の進行について

2020.6.1 歯の構造と虫歯の進行について

梅雨の時期になりました。じめじめするのとともに、まだまだコロナウイルスの感染も油断できませんね。

 

さて今回は、歯の構造や虫歯の進行度についてお話します。

 

「歯の構造」歯は何でできているの?

歯は4つの組織でできており、エナメル質、象牙質、神経、セメント質で構成されています。

エナメル質は9割以上がミネラルですが、象牙質は約7割がミネラルで残りの約3割は主にコラーゲン繊維でできています。よって象牙質はエナメル質に比べ硬さは4分の1以下でより酸に溶けやすい性質です。

硬いエナメル質

>続きを読む

2020.5.4 歯みがきについて

2020.5.4 歯みがきについて

だんだん暖かくなり、外に出るのが心地よい季節になりましたが、新型コロナウイルスの感染を防ぐためにも、できるだけ不要な外出は控え自宅ですごし、手洗いうがいや消毒をしっかりしていきましょう。

お口の中をきれいにしておく事で感染症の予防にもなるので、今回はご自宅でできる予防ケア、歯磨きについてお話します。

 

歯肉炎や歯周病の原因はプラークです。このプラークは「歯と歯の間」「歯と歯ぐきのさかいめ」に溜まりやすいので、そこをしっかり磨き汚れを洗い流すことが重要です。

歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシなどを使うと効果的です。

>続きを読む

2020.4.3  お口の健康と全身のかかわり

2020.4.3  お口の健康と全身のかかわり

桜が咲き始め、新年度を迎えましたが、新型コロナウイルスでお花見も自粛しないといけません。これ以上感染が拡大しないよう不要不急の外出を控えましょう。

 

さて今回は、お口の健康と全身のかかわりについてです。

全身とのかかわりを考えてみると、口には様々な働きがあります。

 

脳の活性化とストレスコントロール

ガムを噛むことで眠気防止やストス解消になることが知られていますし、噛むことによって脳への血流量が増すことも知られています。また、実験の結果からよく噛んで食べるほうが記憶力に優ると報告されています。

>続きを読む

2020.03.03 子どもの歯と口の健康

2020.03.03 子どもの歯と口の健康

だんだん暖かくなってきましたね。

新型コロナウイルスの感染を防ぐためにもマスクを着用し、手洗いうがい、消毒などをしっかり行っていきましょう。

 

今回は子どもの歯と口の健康についてお話します。

 

日本人のオーラルケアの意識が高まり、毎日の歯みがきに加えフッ素(フッ化物)を適切に使い、砂糖の摂取を控えるなどの生活習慣改善により、子どもたちの虫歯は大きく減少しています。

赤ちゃんに乳歯が生え始めるのは生後6~8か月頃です。この時期に、お母さんのかかりつけの歯科医院に行き、歯みがきの仕方を教わるとよい

>続きを読む

1 2 3 8

インフォメーション

診察に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください

0120-222-004
ACCESS MAP

– 受付時間

午前 9:00~13:00/午後 15:00~19:00

※ 土曜日の受付時間は、8:30~12:20と14:00~16:20となります。

– 休診日

水曜・日曜・祝日(祝日のある週の水曜日は、午前のみ診療しております)