ブログ

きららブログ

記事一覧

2019.8.1 歯並びと口呼吸

2019.8.1 歯並びと口呼吸

もうすぐお盆休みですね!皆さん何をして過ごされますか?

 

さて今回は成長期の子供たちがこれからいい歯になるために、歯並びと口呼吸の関係についてお話したいと思います。

本来、呼吸は鼻でするものです。完全に鼻がつまっていない限り、100パーセント、口で息をすることはまれですが、口が開いている状態が日常化して鼻と口の両方を通して呼吸しているのが口呼吸です。口呼吸では舌が上顎から離れるため、歯並びと顔の形にも影響が出てきます。よい歯並びには正しい呼吸が必須なのです。

 

口呼吸になると、口の中が乾燥して虫歯や歯周病

>続きを読む

歯周病の早期発見と予防について

歯周病の早期発見と予防について

今年も暑い夏がやってきました。皆様、熱中症にならないように体調管理に気を付けてくださいね。

 

今回は歯周病の早期発見と予防のポイントをご紹介します。

歯周病は、歯周病菌が原因となり歯ぐきに炎症が起こる「細菌感染症」で、特に不規則な生活や、ストレスの多い生活を送っている人に多くみられる、一種の生活習慣病でもあります。

炎症が歯肉にとどまっている初期の状態は「歯肉炎」、さらに炎症が歯根膜や歯槽骨などの土台に及ぶと「歯周炎」と呼ばれ、この2つを合わせて「歯周病」といいます。歯周病が進行すると、歯を支える骨が破壊され、大切な歯を失うこと

>続きを読む

2019.6.3  大人の歯を守る食習慣

2019.6.3 大人の歯を守る食習慣

梅雨の時期になり、暑い日もありますが体調は崩されてないですか?

 

さて今回は大人ならではの虫歯のリスクについてお話します。

年齢を重ねても自分の歯で食事を楽しめる人が増える一方で虫歯に悩む大人も増え続けています。中でも多く見られるのが、「根面う蝕」といって歯ぐきが下がり露出した歯の根元部分にできる虫歯です。

露出した部分は象牙質で酸への抵抗力が弱いため、虫歯になりやすいです。

間食が多い・甘いものを頻繁に摂る・毎日晩酌が欠かせないという人は歯が酸にさらされる時間が長くなり、虫歯になりやすいです。

大切な歯

>続きを読む

2019.5.2 味覚のしくみ

2019.5.2 味覚のしくみ

いよいよ「令和」の時代を迎えましたね。

みなさん、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は味覚についてお話します。

食べ物を味わうために、直接働いているのが、舌や上あごにある「味蕾(みらい)」という器官です。食べ物を口に入れて咀嚼することで、味の刺激を味蕾がキャッチし、その情報が脳へ伝わって、初めて「美味しい」と感知されます。

しかし、舌の表面が汚れていると味蕾の働きを妨げる原因になります。

 

健康な舌の色は、薄いピンクかやや白みがかっている程度ですが、うっすら黄色っ

>続きを読む

2019.4.6  お口をケアして美味しく食べよう

2019.4.6  お口をケアして美味しく食べよう

新しい元号も決まり、新生活のスタートとなりましたね。

 

さて今回は新生活を健康に過ごすためのお口と体の健康についてお話します。

私たちは毎日、ご飯を食べたり、誰かと話をしたりします。その時必ず口を使い、食べ物や息が口を通過します。口は身近な体内であり、体内の入り口なのです。

口の中に歯周病菌などが多いと細菌が唾液や食べ物と一緒に体内に入り込み、様々な病気を起こしやすくなるので、健康でおいしく・楽しく生活するためには、お口のケアが欠かせません。

 

歯の働きは、噛むことで胃腸の消化を助け、食べ過ぎ

>続きを読む

インフォメーション

診察に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください

0120-222-004
ACCESS MAP

– 受付時間

午前 9:00~13:00/午後 15:00~19:00

※ 土曜日の受付時間は、8:30~12:20と14:00~16:20となります。

※ 第2、第4金曜日の午前は、スタッフ勉強会のため最終受付時間は12:00です。

– 休診日

水曜・日曜・祝日(祝日のある週の水曜日は、午前のみ診療しております)