記事詳細

2020.10.1 歯ぐき下がりについて

過ごしやすい季節になりましたね。朝晩は肌寒くなるので、体調を崩さないように気を付けましょう。

最近、

「食べ物が歯にはさまる」「歯の根元がしみる」

といった事はありませんか?

加齢や歯を磨く力が強すぎる習慣など様々な原因が引き起こす「歯ぐき下がり」は40代で8割以上、50代以上では、ほぼすべての人に起きているという調査報告もあります。

 

歯ぐきが下がると、象牙質といわれる歯の根元が露出してしまいます。無防備な象牙質は酸に弱く溶けやすいので、この弱い部分がむき出しになって菌や酸にさらされると、むし歯リスクも増大します。

 

歯ぐきが下がることによって、歯の根元が露出している人は、そうでない人に比べて5年後に根元むし歯になるリスクが3倍高いと言われています。

根元むし歯を防ぐにはまず、歯ぐき下がりを予防することです。磨く力が強すぎる場合も歯ぐき下がりの原因になるので歯科医院で適切な磨き方の指導を受けましょう。