当歯科医院は感染症対策実施歯科医療機関です。
0120-222-004
0120-222-004
診療案内
ホーム > 一般歯科
一般歯科

わかりやすい説明で、安心して治療を受けていただくために。

歯科治療中は何を行っているかわからず、不安を感じたことはないですか?

歯の治療はご自身で治療を実際に見ることができず、また治療内容が特殊なため治療のイメージもしづらいと思います。

そこで私たちは、できる限り患者様に現在のお口の状況・治療内容を知っていただきたいと思い以下の取り組みを行っております。

わかりやすい説明で、安心して治療を受けていただくために。
POINT01

POINT01

全ての診療台には、モニターが設置されております。
歯科専用CCDカメラで撮影した患者様の歯の写真や、レントゲン画像を使ってわかりやすく説明します。

POINT02

POINT02

治療内容は、アニメーションを使ってわかりやすく説明します。

POINT03

POINT03

治療内容によっては、模型や説明パンフレットを用いて説明します。

できる限り痛みが少なくなるように

痛みのない歯科治療には歯科麻酔注射はなくてはならない処置ですが、この麻酔注射が痛くて「嫌だ」という方が多いのが現状です。
しかし、痛みの少ない麻酔注射をするポイントがあるのです。
できるだけ痛みのない麻酔注射をして、しっかり麻酔が効いたところで治療ができれば、痛みのない歯科治療が可能になります。

当院ではできるだけ痛みのない麻酔注射のために以下の全ての方法で麻酔を行なっております。
※可能な限り痛みの少ない麻酔を心がけておりますが、歯の場所や状態により、やむを得ずある程度の痛みを伴うこともあります。

POINT01 表面麻酔薬を塗る

POINT01 表面麻酔薬を塗る

麻酔注射の最初の痛みは針を刺す時です。
当院では、麻酔注射の前に刺す箇所の歯ぐきの表面にゼリー状の表面麻酔薬を塗布して、注射針を刺す部分に予備麻酔を行います。

POINT02 専用の機器で麻酔液を温める

POINT02 専用の機器で麻酔液を温める

当院では、麻酔液のカートリッジを専用の機器を使い、痛みが少ないといわれる37℃に温めることで痛みを軽減します。

POINT03 最も細い注射針を使用する

POINT03 最も細い注射針を使用する

針の太さが細いほど、針を刺す時の痛みは軽減されます。
当院では、現在歯科治療で使用される注射針の中では33Gという最も細い注射針を用いることで、痛みを最小限に抑えます。

POINT04 コンピューター制御の電動注射針を使う

POINT04 コンピューター制御の電動注射針を使う

コンピューター制御により、理想的な麻酔薬の注入スピードを実現した電動注射器を使用します。
注射の痛みは注入スピードによる余計な圧力によるところが大きく、電動麻酔注射器がこの問題を解決してくれました。
人間の手で行う注射は加圧のムラが生じて、痛みを感じる原因になります。
コンピューター管理された機械の圧力で、麻酔液をゆっくり注入し痛みを抑えることが可能です。

虫歯などを削る時に

虫歯などを削る時に「5倍速コントラ」という特別な機器も使用しています。
これは、
・切削器具の軸がぶれないため従来の切削器具に比べ削る時の痛みが少ない。
・「キーン」という削る時の嫌な音が少ない。
という特徴があり、患者様にかかるストレスが少なくなるような診療を行えます。

虫歯などを削る時に
受付時間 受付時間
★ 急患の方の最終受付は原則、通常の30分前までとなります。
※1 土曜日の受付時間は、午前 8:30~12:10 午後 14:00~17:00 となります。
※2 第2、第4金曜日の午前は、スタッフ勉強会のため最終受付時間は12:00です。
▲ 祝日のある週の水曜日は、午前のみ(9:00~12:20)診療しております。
※昼休憩中はスタッフ応対(電話応対含む)いたしかねます。
WEB診療予約
ページの一番上へ