当歯科医院は感染症対策実施歯科医療機関です。
0120-222-004
0120-222-004
診療案内
ホーム > LAD(光殺菌)治療(2)
LAD(光殺菌)治療(2)

どのように効く?

どのように効く?

STEP01

光感受性ジェルが細菌の細胞壁や膜に取り込まれる。

STEP02

特定の波長の光が照射されると、光感受性ジェルがエネルギーを受け取り「活性酸素」を大量に発生する。

STEP03

「活性酸素」が細菌の細胞壁や膜だけを破壊し、殺菌する。

どのような場合に使用する?

とどめの一撃

通常の治療の上にLAD(光殺菌)治療を行うと、 「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。
これまでの治療方法では除去し切れない細菌を死滅させ、個人差はありますが感染の再発防止に大きく貢献します。

根の治療(感染根管治療)
根の治療(感染根管治療)
歯槽膿漏(歯周病)
歯槽膿漏(歯周病)
インプラント周囲炎
インプラント周囲炎

予防

加えて、LAD(光殺菌)治療は予防にも有効です。
歯周病やインプラントの定期健診、矯正治療中のメンテナンスの際に予防的治療としてLAD(光殺菌)治療が効果を示します。

歯周病定期健診

歯周病定期健診

インプラント定期健診

インプラント定期健診

矯正治療中

矯正治療中

殺菌効果

殺菌効果は目に見えません。そこで簡単な実験を行いました。
唾液を薄め、滅菌棒で繁殖培地に擦り付け培養すると、たくさんの細菌の群れ(コロニー)が発生しました。(左側)
一方、同じ唾液に光感受性ジェルを注入し、光殺菌した後に培養すると、細菌群はほとんど見られませんでした。(右側)

殺菌効果

臨床例

重度歯周病(歯槽膿漏)

重度歯周病(歯槽膿漏)

LAD(光殺菌)照射(60秒間)

LAD(光殺菌)照射(60秒間)

1ヶ月、症状緩和

1ヶ月、症状緩和

重度歯周病(歯槽膿漏)

重度歯周病(歯槽膿漏)

LAD(光殺菌)照射(60秒間)

LAD(光殺菌)照射(60秒間)

1ヶ月、症状緩和
1ヶ月、症状緩和
受付時間 受付時間
★ 急患の方の最終受付は原則、通常の30分前までとなります。
※1 土曜日の受付時間は、午前 8:30~12:10 午後 14:00~17:00 となります。
※2 第2、第4金曜日の午前は、スタッフ勉強会のため最終受付時間は12:00です。
▲ 祝日のある週の水曜日は、午前のみ(9:00~12:20)診療しております。
※昼休憩中はスタッフ応対(電話応対含む)いたしかねます。
WEB診療予約
ページの一番上へ